DXTデコーダ作成検討

MTM 会場で動画のフォーマットについて質問された方が多かったのですが、
OLED 用のデータを流用した 96×64 RGB565 の生データを利用していました。

SD カードからの読み出し速度の都合上、生データのままでは
解像度を上げられませんので、MTM 会場でも宣言していた
DXT1 のデコーダを作りたいと思います。

デコーダの性能的には QVGA/30fps がひとつの指標で、
その場合のブロック数は ( 320 * 240 / ( 4 * 4 ) * 30 ) = 138000 個 / 秒、
80MHz 動作の場合、デコードを約 580 クロックで行う必要があります。

1コアでは厳しいですが、2コアで半分ずつデコードすれば間に合いそうですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。