DXTデコーダ作成検討

2010/11/23

MTM 会場で動画のフォーマットについて質問された方が多かったのですが、
OLED 用のデータを流用した 96×64 RGB565 の生データを利用していました。

SD カードからの読み出し速度の都合上、生データのままでは
解像度を上げられませんので、MTM 会場でも宣言していた
DXT1 のデコーダを作りたいと思います。

デコーダの性能的には QVGA/30fps がひとつの指標で、
その場合のブロック数は ( 320 * 240 / ( 4 * 4 ) * 30 ) = 138000 個 / 秒、
80MHz 動作の場合、デコードを約 580 クロックで行う必要があります。

1コアでは厳しいですが、2コアで半分ずつデコードすれば間に合いそうですね。

広告

MTM06 二日目終了

2010/11/21

お疲れさまでした!

二日目は口が慣れてきた?こともあり、昨日よりも多くの方に
声をかけてデモンストレーションさせていただきました。
濃いネタを日常会話的に交わせてしまうMTMは、すごいイベントですね。

フライヤーは二日間で180枚配布しました。
使用したPDFをこちらに置いておきます。
mtm06_paper.pdf (227k)

見た目が地味なので一瞬しか起動しませんでしたが、
ヌンチャクを振っての音生成や、6chのシーケンサーなどもありました。
これらも追って公開していきたいと思います。


MTM06 一日目終了

2010/11/21

出展者の皆様、おつかれさまでした。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

Propeller の実機を初めて見たという方、実際に使ってみようと思っていただいた方、
単純にゲームを楽しんでくれた少年少女など、自分が思っていたよりも多くの方に
興味を持っていただき、パンフレットも多数配布できました。

皆さん購入方法や価格を聞かれていたので、ユーザーが増える予感がしますよ!

PIC や AVR では作るのが大変な ”並列処理” や “安定したタイミングの生成” が
得意なマイコンですので、Propeller が一般的なホビーユースの選択肢に入る日を
夢見つつ、明日も頑張りたいと思います。