QVGA 動画再生成功

OLEDで実験した時のコンバータをファイルの解像度に対応できるようにして、
QVGA の動画を変換してみました。

SD カードからの読み出しが間に合わないため、元の動画が白黒であることを利用して
2bpp インデックスカラーに減色しています(インデックスカラーの解決はドライバ側)。
QVGA 30fps の場合、生データでは 39Mbps、2bpp にすると 4.4Mbps です。

転送する側もパレットを毎回読みに行くと間に合わず、ついにプログラムの
自己書き換えに手を出してしまいました…。コアのローカルメモリ内に
テーブルを作って、何とか 30fps で動くようにできました。

ただ、現在テストしている動画のサイズがフルではなく 16:9 なので、
QVGA 全面を更新した場合は性能が不足すると思います。
(QVGA 30fps の場合、1ピクセル当たり34サイクル以内で
送る必要がありますが、現在のドライバはそこまで速くありません)

動画ばかりやっていてもしょうがないですし、
次はタッチパネルを使ってみたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。