TFTドライバのアセンブラ化

初期化・通信部分だけ変換しました。

単色リフレッシュは50Hz程度?メモリーカードからの画像表示は
5コマ/秒くらいです。これはカードの読み出し側が律速になっているので、
解像度を落とした上で、何らかの圧縮を行わないと30Hzは出ません。

色空間変換(おそらくYUV420)と、各要素に対してDXT的な圧縮を
組み合わせると良いかな?と思っています。
デコードにパワーが要るのは、コア数に任せて力技で…。

マンデルブロー集合をマルチコアで演算・描画するテスト(出力はTFTドライバ)も
作りましたので、少し整理してからアップロードします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。