3D処理作成中 その2

Spin スクリプトのままでマルチコア化し、高速化を図ってみました。

メインは描画リクエストのみで、オブジェクトの数値計算を1個毎に別のコアに割り当て。
これで5オブジェクト60fpsが出ました。残りの2コアはTV信号生成とピクセル打ち。

こういった実験が簡単にできるのも強みですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。