シリアルEEPROMとの接続

DemoBoard 上のブレッドボードにシリアル EEPROM を繋ぐ時の情報です。
今回は 24FC512 を使用しました。24xx512 のデータシートはこちら

※ピン配置が違うチップをこの記事のまま繋ぐと、壊れる場合があります!※

説明のため、USB端子がある方を上側という事にします。

まず、中央に凹みのある方を上側にしてブレッドボード中央に差し込み、
左側のピンはすべて Vss(=GND) に繋ぎます。
右側のピンは、上から
「Vdd」
「Vss」
「Vdd から 10kΩ の抵抗を経由し、その先で分岐して P4 と並列」
「Vdd から 10kΩ の抵抗を経由し、その先で分岐して P5 と並列」
と繋ぎます。


接続後の状態はこんな形。可変抵抗(青い箱)を使っていますが、
普通の抵抗を使えば無駄な線が減ります。

また、抵抗は必ず二つ必要です。
抵抗の先を四叉路にしても動きませんので注意してください。

次は Spin からのアクセスです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。